1963年・高校一年の夏休み

高校1年の夏、僕は原付バイクで山形から富士山へ向けて一人で旅立った。
それは後から考えれば無謀ともいえる計画ではあるのだが、そのいきさつを夏休みの宿題の作文に書いて提出した。
学校へ無届で、またその無謀な内容に学校でも無視できなかったのか職員会議にかけられたのだった。

しかし、国語の教諭からは「よかったよ」などと声を掛けられ、その年度の学校発行の文集に「一人ぼちの旅行」という題で掲載になったのである。

発行された文集で、当時かなりの話題になったのを覚えている。
友達もいない孤独な僕に友達ができ、恋人らしき女の友達も現れたり・・・・

しかし、その文集はどこへ行ったのやら、行方不明になって数十年が過ぎていた。
それが先日、ある探し物の最中、押入れの中の紙袋の中からその文集が出てきたのである。それも大正時代の印刷物か?とも思わせる色合いに色あせて・・・。

それから懐かしい文字列に眼を落とすと、一気に読み進めてしまい、最後には当時の気持ちになっていて、思わず涙がこぼれ落ちるしまつでした。

bike_01
[ 写真は、1963年(昭和38年)の、十国峠から見た箱根の芦ノ湖 ]

そんなことで、また無くすのも困るので、というよりも多くの若い人にも読んでもらいたいとも思ったからなのですが、ここで公開してみようと思いました。

※正月恒例の「大学箱根駅伝」のテレビ映像に映った芦ノ湖と箱根神社。その映像を見ているうちに、自分と箱根の思い出がよみがえってきたというのが正直なところです。

高校一年時の文章ですし、つたない文章なのですが、私はこの文集を先日数十年ぶりに読み返したときは、涙が流れ出し、一気にあの当時の私に戻ってしまったのです。
あの時は、父も、兄も、まだ生きてたんだなぁ・・・、なんて。

ああ、そうそう、この旅行記は、あの東京オリンピック(1964年)の前年の出来事です。古い話ですみません。

でも、当時は大きな反響があったんですよ。
お父さんお母さん、そして現在学生の皆さんにも、何かの足しになれば嬉しく思います。

取り立ての原付免許証を手に、無謀な旅行に飛び立った私の体験記です。
掲載の写真も、白黒で、時間の経過を物語っています。

—————————————————————————-
「16歳の夏」

bike_02
(写真は、茨城県の大洗海岸で:1963年8月2日)

---------------------------------
【お知らせと謝意】

上記作品「16歳の夏」は、この度(2018年5月)、Amazon キンドルより電子出版することになりました。
謹んで、ここに皆様へのご報告と感謝の意を述べさせていただきます。

キンドル電子書籍は、Amazonの電子出版書籍で、パソコンでも、スマホやタブレット端末でもご覧いただけます。
パソコンの場合は、「Kindle for PC」という無料ソフト(アプリ)を、Amazonキンドルサイトや、Kindle for PCにアクセスすれば、無料でダウンロードできます。
また、スマホやタブレットは、Google play ストア から無料でインストール可能です。

仕組みの都合で「99円」という価格が付いてしまいましたが、時折は「無料キャンペーン」も行って参りたいと思います。
どうぞご理解いただけますことを、お願い申し上げます。

若い人や、父母、兄弟、その他大勢の方々に読んでいただきたい内容の体験記です。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

※以下に、一応リンクを張らせていただきます。ぜひ覗いてみて下さい。

Amazon キンドル出版「16歳の夏」

——————————————————
※最後の章より

【親戚の娘さんからコメントが届きました】

ご無沙汰しております。敦子です。

時折、こそーっとサイト覗いていました。

作文と呼ぶにはかなり長編のこの思い出の記述を
初々しい小説のように読んでいました。

読みながらわたしにも高校生のミミオン(私のあだ名です)の姿が見えました。

素敵な冒険ですね。
帰る所があるから出来た冒険でもあったのですね。

わたしも読みながらハラハラし無事に帰れたことにホッとしました。
その後、家族からは怒られずに笑顔で迎えてもらえたのでしょうか?

またいつか、この話しの続きを聞かせてくださいね。

——————————————————

【コメント返しの私のコメントです】

コメント、ありがとうございます。
青春の思い出って、誰にでもありますよね。・・ただ、この旅行はあまりにも無謀すぎたかもしれません。
まさに、生きて帰ったことが不思議なくらいです。(笑)

ただ、いまでも悔しいのは、せめてあと5千円あったらなぁ~!です。
でも、650円で泊まれた旅館とか、10円払って湘南道路を走ったとか、それだけでも貴重な昭和の資料ですね。
150円の十国峠の有料道路は高すぎたと今でもおもいますけど。

ああ、家に帰ってからのことを少し。
父からも母からもまったく怒られませんでした。
箱根の警察から事故の連絡が入ってからは、父母は神棚に毎朝ご飯をあげて、無事帰還できるようにと祈っていたそうです。
僕が「ただいま~!」と泣きながら家に帰ったときの、父の姿を今も忘れられません。
駆け寄る母や、兄たちの後ろの方で、父は一人、神棚に向かって、手を合わせておりました。
親とは、ありがたいものです。そんな父の姿を見て、僕はさらに泣いてしまったのですから・・。

広告